「ほっ」と。キャンペーン
どこまで行けるか半笑い
by nurukan
お気に入りブログ
真・カドラン冒険記
雨男BLOG
宇宙コーヒー
あやちの正直しんどい
波に千鳥
LINKの冒険
TranceEntrance
むじな
華春記
晴れときどきエル@FF11

プロフィール


名前 : ヌルカン
職業 : 事務的業務
住所 : 茨城県在住
年齢 : 70年代生まれ
趣味 : ゲーム 音楽
FF11: ラグ鯖 ガル白75

リンク超絶フリー
若干脚色ありの日記です。

ご意見・ご感想・私信などはこちらのメアドでお願いします。
nurukan●excite.co.jp
(●はあっとまーく)
最新のトラックバック
piss tgp adult
from piss tgp
mature blond..
from mature blonde ..
facesitting ..
from facesitting art
facesitting ..
from facesitting ma..
teasing adult
from teasing
以前の記事
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
カテゴリ
全体
ネタ
日常
オススメ
病気
ファッション
未分類
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


引っ越ししました!
新しいエントリーはこちらにしております。

10秒後に自動的にジャンプします。



うそです。

過去ログ移すの面倒なので、こちらもしばらくは継続します。

■ヌルカンのブログ(仮)
[PR]
# by nurukan | 2005-12-21 19:48 | 日常
引っ越しします。
なんか忍者TOOLSのタブが復活しててビックリ。

筆者のように、アクセス解析ができないエキブロをはかなんで、
引っ越しを画策しているヒトへの対応だろうか。

でも中身を見てみると、訪問者の数がエキブロのレポート機能の数より少ないので、
やっぱり正常には機能してないよう。

というか、せっかく新しくブログスペースを設けたので、
これからはそちらにエントリーをしていこうと思う。


それに伴って、SEESAAでのブログ名を

ヌルカンのブログ(仮) と改名し、

現在のエキサイトブログを

ヌルカンのブログ(仮)旧館 としようと思う。

これは検索でどちらもひっかかるようにして、
なるべく読者数を減らさないようにしようという浅さかな保身のため。

それにしてもSEESAAブログ、機能満載の分だけエキブロより数段操作が難しいわ。

あと、ちょっと、やっぱ、重い。投稿記事を反映させるときとか笑った。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-20 21:02 | 日常
ブログあれこれ
なんかノドがすげえ痛い。

土曜日の飲み会で、いや2次会のカラオケでやってしまったか。
乾燥した冬は、シャウト系は歌わないほうがいいかもしれない。
あと歌えないのが分かりきってるモノを適当に歌っても、
あまりいいことは無いということが分かった。

風邪引きそうなときは中華。麻婆豆腐に味噌汁にトマト。そしてデザートにリンゴ丸ごと1個。
そして今回はパブロンエースではなくベンザブロックL錠をセレクト。喉の痛みに割と特化。
パブロンが30回服用で2千円にたいしてベンザは15回で2千円。
高いモノはイイの法則。これが攻めの治療。

ところでブログの移転を考えている。

エキブロはとても軽いし、編集とか設定も直感的にできてとても気に入っているのだが、
やはりアクセス解析が簡潔なモノしかないのが痛い。

無料のブログを比較しているところがあり、ここがなかなか面白い。

【無料ブログ比較なら】まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。


これによると、FC2とSEESAAが機能面で充実しているようだ。
というわけで、とりあえず2つともIDを取得することにしてみる。

でもここで問題発生。
FC2のほうは、「nurukan」のIDをすでに誰かが取得してしまっていた。残念である。

というわけで、SEESAAに暫定版「ヌルカンのブログ(改)」を開設。

さて、これからどうしたものか思案中である。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-19 23:56 | 日常
コロコロ
掃除があまり好きではない。
あまりにも気になったら、やっと始めるといった具合だ。

基本的に、明日やればいい事があったら、間違いなく今日やることはない。
それどころか、その事を明後日に延ばすための労力を惜しむことはない。

たとえそれが、今日やってしまったほうが総合的には楽だったとしても。


話は戻るが、掃除全般はキライだが、カーペットを粘着質のローラーでコロコロする
作業は割と好きだ。

ちょっとコロコロするだけで、すごいホコリがローラーに付着する。
作業に対する成果がダイレクトに分かるのがいい。

ゴミの付いたローラーを見てみると、大量の毛が付いているのが見える。
人間の体毛というものは、こんなにも抜け落ちるものなのか。

直毛、縮毛、いろいろな種類を確認できる。同じ人間から出てるのにいろいろ毛がある不思議。

そこにもし、間違いなく自分の毛髪ではないものを発見したとしよう。
染色されていたり、すごく長かったりすることによって自分のモノではないと判別されたものだ。

そんなときって、なんとも言えない気持ちになったりはしないだろうか。私は間違いなく、なる。


とりあえず、大量に抜けた毛をできるだけ復元するためにも、
サクセスを買ってこようと思う。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-17 16:04 | 日常
ある寒い朝
最近すごく寒い。
目覚まし時計に温度計も付いているのだが、朝起きたときに見たら4度。おそらく外の気温と変わらない。いったいどうなっているんだ。このボロアパートに保温という概念は無いのか。

冬というのは厄介な季節だと思う。
風邪をひきやすいし、寒さをしのぐために服を多めに着なければならない。
そのぶんの服を買うお金や、洗濯する手間もバカにならないだろう。

でも、こうも思うんだ。

厳しい冬の寒さがあるからこそ、春の暖かさが心底うれしいと思えるのではないかと。
逆に言えば、秋のしっとりした雰囲気を楽しめるのも、夏の暑さを乗り越えた後だからこそ
なのではないだろうか。

アフリカの砂漠などは、おそらく1年中気温が高い環境だと思う。
だからといって、そこに住む人々が、

「いやー毎日毎日マジ暑いっすよ。正直アラスカに引っ越したいですよ。」

とは言わないだろう。
なぜなら季節による気温の変化をおそらく知らないだろうから。
夏というものは、冬が存在して初めて「暑い時期」と言えるのだ。

子供の頃、暑い夏の最中に、「マジ南極行きてー」とか思っていたヒトもいるだろうが、
それは子供のつたない発想と言わざるを得ない。
南極に行けばメチャ寒いに決まっている。でもそれは全然心地よいもののはずがない。
エアコンの効いた図書館や高級外車ディーラーに一時的に涼みに行くのとはわけが違う。

やはり夏から秋、そして冬を迎えてこそ気温の変化などの季節感を楽しめると思う。

そういった面で言えば、日本の四季はほぼ完璧に近い。
日本人に生まれて、そして日本に住めてよかったと思う。

今回は、イイことを書いたと満足したつもりだが、読み返してみると、タメになることは何一つ書いていないことに気付く。

でも昨今の殺伐とした現代社会に必要なキーワードは、
「むやみにポジティブ」または「根拠のない幸福感」あるいは「変に前向き」
のようなことだと思うのだが、いかがだろうか。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-16 12:22 | 日常
ドラガン・タマゴチッチ
今のタイミングだからこそ、やってみたい。体験してみたい。

旬をハズしていることは言うまでもない。

でもオレのなかに流れるゲーマーとしての血が、そんなことは関係ないとオレに訴えてくる。

あれはいつだったか。

確かテレビで、結婚前のアムロさんが紹介してたころが全盛期かそれとも火のつく直前か。

どこのオモチャ屋に行っても売り切れ。

女性へのプレゼントの素材としても当時は結構な影響力を持っていたのではないだろうか。

オレはそんな馬鹿げた流行が収まるのをずっと待っていた。暗闇の中で息を潜めてながら。

そしてやっと 『 そのとき 』 はきた。今そのことについて話してる奴は誰もいない。流行は、去った。

さあ、オモチャ屋へ急ぐんだ。

『 たまごっち 』 を手に入れるために。

ていうか今時どこにも売ってねえ。縁日の出店ですらもう見かけねえ。

いかん、オレとしたことが時期を逃したか。どう見ても待ちすぎです。本当にありがとうございました。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-15 17:09 | ネタ
ツッコミ
どうしても笑ってしまうフレーズがある。

「オッサンやん」

大阪弁のもつ漫才感も笑いのパワーを後押ししているのか。
だからといって、関東のツッコミを否定しているわけではない。
例えば三村さんとかカナリの切れ味を持っていると思う。
でもこのフレーズだけは、大阪弁で言ってほしいんだ。

ツッコミ役がそのフレーズを言うからといって、
そこにいるのがいわゆるオッサンとは限らないだろう。

もしかしたら女性かもしれないし、子供だったりするかもしれない。
もう少しアクロバティックに攻めるなら、そこにいるのは動物かもしれない。

それを見てツッコミ役はこう言うんだ。

「それってオッサンやん」

コレは『おっさん』に『やん』という接続詞がついたという単純なレベルではなく、
それ自体に笑いの神様の意志が宿った一つの単語『オッサンやん』として存在していると筆者は考える。

人生を笑って過ごしたい筆者にために、もっとお笑いのかたはこのフレーズを使ってほしい。


でもこのフレーズを筆者に向かって言うのは要注意だ。
笑いよりも、自分が既にオッサンであることに愕然とするほうを選択してしまうかもしれない。

実は案外おセンチなところもあるんですやん。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-12 22:40
靴下
家にいるときは裸足でいるようにしている。
たとえ冬でもだ。

というか、くつ下を履くときは、仕事に行くときか、
いわゆるお出かけをするときだけだ。

近所のコンビニやラーメン屋などは裸足にサンダルで行ってしまう。

もともと靴下があまり好きではないのかもしれない。
小さいころは『プロゴルファー猿』が大好きだったし、今はCoocoをよく聴いている。


また、どこの職場でも一人くらいいるだろう、
冬でも半袖、裸足にサンダルのようなヒトが。

それを見ながら有り得ないだろうと笑いつつも、
心の奥底では、その破天荒な身なりに憧れを抱いているのかも知れない。

しかし今日は休日にもかかわらず早起きをしてしまった。
カナリ寒い。ストーブを付けても寒い。

そんなわけで、家で靴下をはいたのは超久しぶりというお話。
そんな私と、ダンスウィズミー アンダーザムーンライト。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-11 11:38 | 日常
また下ネタかよ
唐突に、「大便の代弁者」というダジャレを思いつく。
書類をコピーしているときだ。

代弁者ってちょっとかっこいい単語だと思う。
例えば「ロックの代弁者」。ピストルズとかよく知らないので、サンボマスターとか。

でも「大便の代弁者」はどうだろうか。
いったい何を代弁するのだ。その日の健康状態か。

というか、ダジャレを真面目に解説しても意味がない。
語感の持つ勢いを大事にしなければいけない。

本当はこんなつまらないダジャレでエントリーするつもりはなかった。
検索したらけっこうな数がヒット。新鮮味もない。デーブ、お前もか。

でも実は個人的にちょっと気に入っているので、
このダジャレを小瓶に入れて、ネットの川に流そうと決意した金曜の夜。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-09 17:54 | 日常
自虐じゃなくて自戒
昨今の日本語の乱れには目に余るモノがある。

主に筆者の日本語が。

このブログを見て頂いている方の中には、ずいぶんと回りくどい書き方をしているブログだな、
と思われた方もいるかもしれない。

だがそれはブログのなかに限ったことではない。
普通に日常生活で使う会話も、回りくどくなっている気がする。

一例を挙げると、

「その件に関しては、若干ムズカシイ感があるのは否めませんね。」

まったくもって回りくどい。
早い話が、「その件はムリ」という事をここまで長文にし、しかも無闇に意味不明にしている。
そしてこれは仕事をしているときの話だ。用件は手早く、そして解りやすくが基本のはずなのに。

基本的に、筆者は「感」や「的」、そして「系」などを言葉にくっつけるのが好きなのだと思う。

そのなかの「系」の乱用も最近目に余るモノがある。

「系」とは共通の事柄によってカテゴライズできるものの語尾に付けるものだと思っている。
「ラテン系」とか「理数系」、または「渋谷系」や「裏原系」という使い方だろう。後半のはよく知らないが。

この前とあるヒトに質問した言葉が、

「あのほら、ふくらんでしぼんでまたふくらむ系ってありますよね?」

多分筆者も若干酔っていたと思うのだが、それにしてもヒドすぎる。
答えから言うと、上記の言葉はスカートの形状を質問しているわけだが、別に「系」を付ける必要など無い。
それでなくても意味不明な質問が、もっと解りづらくなってしまっている。

ふくらんでしぼんでまたふくらむモノで、カテゴライズなどできるはずがない。
あとは心臓ぐらいしか思いつかない。


とりあえずこの回りくどい話し方については、こういうブログを書いているうちは、
周りのヒトに何とか慣れてもらう方向で行くしかないかな、とも思っている。
[PR]
# by nurukan | 2005-12-08 21:59 | 日常